【業界未経験は要チェック】webデザイナーの資格と難易度について

WEBデザイン
今回は、webデザイナーの資格や難易度について解説していきます。
これからwebデザイナーを目指す方は資格の必要性について気になっているのではないでしょうか。
 
この記事では、資格の紹介と、それぞれの難易度について解説しています。
資格を取得するメリットを知って、お仕事に役立ててください。

webデザイナーになるには資格が必要?

結論から言うと、必要ありません。
webデザイナーは経験やセンス、スキルが評価される仕事です。
なので、資格を持っていなくてもwebデザイナーになることは可能です。
 
とはいえ、周辺知識を深めるためにデザイン関係の学習をして資格を取る人も少なくありません。
しかも、あなたがもし実務未経験の状態であれば、資格は知識があることの証明になるので、協力な差別化ポイントになりえます。
 
はじめに、webデザイナーはどんなお仕事なのか、どうすればなれるのか、どんなスキルや知識が必要なのかを解説していきます。

Webデザイナーとは?

webデザイナーとは、クライアントの要望に沿って
webサイトのデザインをする人のことです。

会社によって様々ですが、

伝えたいターゲットに届くよう構成を考えたり、
ユーザーに情報が伝わりやすいようレイアウトを考えたり、
クライアントの希望に沿ったテイストを
再現することがデザイナーの主な仕事です。

デザインがきまったらコーディングを行い、
必要があれば動きやアニメーションを付けたりします。

webデザイナーになるために必要なスキルや知識

PhotoshopやIllustratorといった、デザインソフトが使えること。

そしてHTMLやCSSといったwebページを構成している言語をある程度理解していることが求められます。

ですが

デザインだけ、コーディングだけという方もいらっしゃいます。

私が以前勤めていた会社では、両方を使えない方もいらっしゃいました。自分が担当する(したい)領域の業務をこなすためには、何が必要か明確にして、効率よくwebデザイナーを目指すのもありです!

Webデザイナーはどんな人が向いているのか

行動心理に興味があって、コミュニケーション能力があって、ある程度こだわりがあって…

最後は「デザインがとにかく好き」という人だと思います。

好きじゃないと続かないし、続かないと上達しないし、楽しくないので。

「努力は夢中に勝てない」という言葉がありますが
楽じゃないことが多い技術職だからこそ、夢中になれる人は強い印象です。

また、仕事としてという観点で言うと、
「自分で調べて自分で解決できる人」
…って、もう聞き飽きましたよね。当たり前の話です笑

webデザイナーになる方法

webデザイナーは誰でもなれます。
未経験の方でも独学してなることが可能ですし、スクールに通うことでより効率的に目指すことが出来ます。
フリーランスでも、会社員でも、実績やスキルやセンスで評価される仕事なので、ポートフォリオなどは作成しておきましょう。

webデザインの資格

Webクリエイター能力認定試験

難易度:合格率はHTML5対応版で約90%

Webクリエイター能力認定試験|資格検定のサーティファイ
W3Cに完全準拠した、セマンテックなマークアップスキルを測定する「Webクリエイター能力認定試験」の公式ホームページ。Webクリエイター能力認定試験は、Webクリエイターに必要とされる、Webサイト制作のデザイン知識およびWebページのコーディング能力を測定・評価する認定試験です。試験に関する詳しい情報はこちらでご確認...

WWWで利用される技術の世界的な標準化を図るW3Cに完全準拠した、セマンテックなマークアップスキルを測定する認定試験です。

つまり

WWWで利用される技術の世界的な標準化を図るため、国際的な非営利コンソーシアムとしてW3Cが設立されました。

多くの企業では、この指針に基づいたWebサイトを構築する一方で、このガイドラインから外れたWebページを見直す方向に動いています。

サーティファイでは、これらのWeb標準に完全準拠したスキルを測定する「Webクリエイター能力認定試験」を、2005年より開始しています。

世界のweb基準に沿ったwebコーディングができるかどうかが判断されます。

ウェブデザイン技能検定

難易度:国家資格なので難易度は高め。

301 Moved Permanently

ウェブデザイン技能検定とは

ウェブデザイン技能検定は、国家検定制度である技能検定制度の一つとして、
厚生労働省より職業能力開発促進法第47条第1項の規定に基づき指定試験機関の指定を受け、
特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会(以下、当協会)が実施するものです。

試験は実技および学科試験で実施され、
関連国際標準規格等に基づきウェブデザインに関する知識・技能、実務能力等が問われます。
1級の合格者には厚生労働大臣より、2級及び3級の合格者には当協会理事長より、
ウェブデザイン技能士の合格証書が発行されます。

3級は誰でも受検できるため、合格率も60%から70%と高め。
ウェブサイト作成に関する基礎的知識があれば、実務経験が無くても合格は充分可能です。

ただ、2級では30~40%
1級は10~20%と難易度はかなり高く、さすが国家資格といったところです。

Photoshop®クリエイター能力認定試験

Photoshopクリエイター能力認定試験│資格検定のサーティファイ
サーティファイでは、ICT基礎能力やコミュニ&#124...

Illustrator®クリエイター能力認定試験

Illustratorクリエイター能力認定試験│資格検定のサーティファイ
サーティファイでは、ICT基礎能力やコミュニ&#124...

どれを受けるべき?

未経験の方は、比較的難易度の低く網羅出来るWebクリエイター能力認定試験をオススメします。

また、デザインツールの使い方は、勉強会やセミナーなど
外からの刺激で伸びやすいので、Photoshos、Illustrator®クリエイター能力認定試験もオススメです。表現の幅を広げることで、よりwebデザイナーとしての活動が楽しくなります。

資格取得のメリット

最初にも言ったとおり、webデザイナーは経験やスキルやセンスが評価される職業です。

しかし、実務未経験だったり転職活動中の方は、資格が強力なアピールポイントになりうることがありますし、資格合格を目指して勉強すればより知識を深めることができます。

既にwebデザイナーとして働いている方でも、業務では得られないような
”自分が知りうる範囲外”の知識や知恵が得られるかも知れないので、仕事の幅を広げる目的として勉強するのはかなりオススメといえます。

まとめ

いかがだったでしょうか?
そしてやはり、知識と経験、両方あれば強いです!!!

お悩みの方はぜひ受講してみてください☺

コメント

タイトルとURLをコピーしました