Anker Soundcore Life Q30レビュー!長時間作業のクリエイターに嬉しい3つのメリット

ガジェット

 

今使ってるイヤホン、毎日長時間装着しているせいで耳周りが痛い。

より創作に集中したくて、ノイズキャンセリングのヘッドフォンを探してるんだけど、良い商品ないかな?

と感じていた私ですが、この度「Anker Soundcore Life Q30」を購入・使用してレビューを書いてみました。

結論、このヘッドフォンは装着時の耳への負担が少なく(「SONY hear on 2」 比較)、ノイズキャンセリング搭載で8,000円台とは思えない満足度でした。

もし商品の購入について迷われているようでいしたら、このレビュー記事を参考にされてください。

まずは「Anker Soundcore Life Q30」(以下Q30)の外観や内容物を見ていきましょう!

Anker Soundcore Life Q30のスペック・外観レビュー

Q30のスペックまとめ

再生可能時間 最大40時間(ノイズキャンセリングモード)
最大60時間(通常)
充電時間 2時間
充電端子 Type – C
サイズ
重さ
19.5 x 18 x 7.8 cm
260g
通信方式 Bluetooth 5.0
Bluetoothプロファイル AVRCP、A2DP、HFP、HSP
対応コーデック AAC / SBC
周波数応答 20Hz-20KHz(Bluetooth接続時)
16Hz-40KHz(AUXケーブル接続時)

Q30の箱・付属品

外箱はこんな感じです。

持ち運びに便利なハードケースと取扱説明書が入っています。

更に中身を開封していきます。ヘッドフォン本体と充電用のUSB Type-C、AUXケーブルが付属されています。

Q30のケース

ケースは灰色の布っぽいディティールで、かばんの中に放り込んでもヘッドフォンが守られるほどの強度のある丸型のハードケースで、安心できます。

ヘッドフォンの収まりも良く余分がないため中で動くことも少ないでしょう。

コードについては、収納用の巾着に入れて管理します。

Q30のヘッドフォン本体

本体はマッドブラックつや消しの黒色でイヤーパッド、頭頂部にクッションがついています。

安っぽい印象はなく、無駄のないスマートな印象です。

双方のイヤーカップは従来のヘッドフォンと同じく90度回旋、15度まで角度調整が可能です。

右側のイヤーカップはノイズキャンセリング↔外部音取り込みモードの切り替えタッチパッドが搭載されています。1秒タッチすると切り替わります。

ヘッドフォン自体のサイズ調整部分はこんな感じ。スムーズで快適です。

イヤーパッドは形状記憶素材を用いていて、とても柔らかく、耳周りへの負担はかなり少ない印象です。長時間の装着でも全く痛くなりませんでした。(「SONY hear on 2」 比較)個人の感想です。

左(L)のイヤーカップにはUSB Type-Cの差込口と電源ボタン、ノイズキャンセリングの有効化ボタンが搭載。

右(R)のイヤーカップにはAUX端子差込口、音量調整ボタン(+,-)再生停止ボタンが搭載されています。

Anker Soundcore Life Q30の特筆すべき特徴レビュー

Q30の特筆すべき特徴
  • アクティブノイズキャンセリング搭載
  • ハイレゾ再生対応
  • マルチポイント対応
  • 切断しづらい、広範囲のBluetooth5.0
  • 疲れにくい快適なイヤーパッド
  • アプリ連携による多彩なイコライザー設定
  • 最大再生40時間の大容量バッテリー

残念ながらヘッドフォン市場で見て、Q30にしかない特徴はありません。しかし、8000円台という高コスパで見てみると最も性能の良いヘッドフォンの一つと言えると思います。

Anker Soundcore Life Q30の感想レビュー【デメリット2つ】

Q30を購入して感じた2つのデメリット

デメリットを2つ見ていきましょう。

ケースにポケットがついていないためコードがまとまらない

ご覧のように、ポケットがついておりません。何故ポケットの有無をデメリットとしてあげたかというと、以前のハードケースには付いていたことが確認できました。

ハードケースに変更があったようです。以前のケースにはポケットがついていて、そこに付属品を入れることが出来ていたようです。本体自体の性能がかなり良い分、ケースの変更によりamazonレビューの低評価が目立つ印象でした。コストカットか?という意見も見受けられました。

私は持ち運びはしないので、ケースにも機能性を求める方にとってはデメリットになりうると思い書きましたが、普段使いにおいては全く不便に感じていません。

AirPodsPROのノイズキャンセリングと比較すると劣る

Q30のノイズキャンセリング機能は、「外部の音を全て遮断するか」と言われると、そうではありません。微妙に外部音が少し聞こえてしまいます。あくまでも”AirPodsPROと比較すると”劣っている。という印象です。

AirPodsPROのノイズキャンセリング性能が80%だとすると、Q30は60%ほどです。

たけし
たけし

定価3万円の商品と比べてしまうのは酷なような…

実際にどのくらい音を遮断するのか

作業場の隣にエアコンの室外機があるのですが、その音が一切聞こえません。また、壁掛け時計の秒針の音も一切聞こえません。十分すぎる性能です。

Anker Soundcore Life Q30の感想レビュー【メリット3つ】

Q30を購入して感じたメリット3つ

メリットを3つ見ていきましょう。

時計の秒針すらも遮断する「アクティブノイズキャンセリング」機能と優秀なアプリ

3つのモードがあり、右イヤーカップ1秒タッチ、左イヤーカップのNCボタン、アプリから切替可能です。

モード設定
  • 標準モード
  • 外部音取り込みモード
  • ノイズキャンセリングモード

ノイズキャンセリングにもアプリにて3つの詳細設定が可能

周囲の状況に合わせて、更に細かく3つの設定をすることができます。

ノイズキャンセリング設定
  • 交通機関
  • 屋内
  • 屋外

モードの変更は専用アプリ「Soundcore」から変更可能です。

在宅勤務時の周囲の音が気になる方にとっては、屋内モードがオススメです。

周囲の雑音や会話音を気にならない程度にカットしてくれる印象で、完全な無音にはならないもののかなり気が散るのを抑制してくれました。

HSPイヤーマフを使うほどではないが感覚過敏の方などもこのノイズキャンセリングをオススメしたいなと感じました。また別で記事を書こうかなと思います。

専用アプリ「Soundcore」では好みのサウンドに設定できる。

元々容易された豊富なイコライザーと、好きに設定できるカスタムイコライザーが標準機能として備わっています。

アプリと連携すれば『おやすみサウンド機能』もあります。

周波数等の解説はありませんでしたが、私の知る限りでは、雨の音などはリラックス効果があるので、集中したい場面でも活用することが出来ます。なにかBGMを探すたびにYoutubeを開いてしまうと、興味が移ってしまうことが多い(戦略にハメられてる)ので助かります。

満足のいく音質、通話(マイク)での使用もとにかく快適

購入してから数回、通話をしましたが途切れることもなく快適に通話ができました。

テレワークになり電話の回数が増えた方もいるかもしれません。LINEやFacebookメッセンジャーで通話がくることもあれば、番号にかかってくることも。そこで私がとても便利と感じたのは、

  • マルチポイント対応であることと、
  • 広範囲で安定したBluetooth5.0搭載の点

です。

H4マルチポイント対応

マルチポイントとは、一つのヘッドフォンに対して複数の端末を接続する機能のことです。 例えば、1つのヘッドフォンに、PCとスマホを接続しておけば、どちらに着信があってもヘッドフォンで受け取ることができ、切り替えの煩わしさがありません。

切断しづらい広範囲のBluetooth 5.0

私の家は2階建てですが、1階の玄関にいても接続が途切れません。階段や部屋を挟んでいるにもかかわらずです。これの何がメリットかと言うと、オフィスワーカーの方はデスクを立って他の方と会話しているときでも、つながったままなので再度接続する必要がないということです。また、電話にも素早く対応できます。安定した接続を保ってくれることは、余分なストレスも予防してくれます。

コスパが良くて長時間の使用でも耳周りが痛くならない

今回私が購入を決めたのは、既に使っているヘッドフォンで耳の回りが痛くなり、長時間の作業が難しくなったことがきっかけでした。

AirPodsPROを使用したこともあり、ノイズキャンセリングの素晴らしさは知っていましたが、カナル式も耳に合わずすぐ痛くなってしまいます。かといって従来のAirpodsにはノイズキャンセリング機能はありません。

そこで高コスパで良さそうなヘッドフォンを探したところこの商品に出会いました。

快適なつけ心地と、低音のしっかり聞いた音質。目の前にある時計の秒針の音すら遮断してくれるノイズキャンセリングと、大変満足のいった買い物になりました。

Anker Soundcore Life Q30はこんな人におすすめ

Q30は、こんな人におすすめです。
  • 10,000円以下で品質の良いヘッドフォンを探している方
  • フィット感が良く、長時間使用でも痛くならないヘッドフォンを探している方
  • ノイズキャンセリングイヤホンをお探しの方
  • イコライザーを詳細にカスタマイズしたい方

何度も申し上げますが、「8,000円台で買えるヘッドフォンの中ではダントツなのではないか」と私自身思いますし、他の方の口コミやレビューでもそういった意見が多く見られました。早くも今年買って良かったものの一つに選出の勢いです。

私は音楽を効くために購入しましたが、外出時のノイズや在宅作業時の騒音を遮断してくれるノイズキャンセリング機能で、集中力がより持続するようになったこと、気になることが減ったことが本当に生活をより良くしてくれたと感じています。

まとめ

デメリット

  • ケースにポケットがついていないためコードがまとまらない
  • AirPodsPROのノイズキャンセリングと比較すると劣る

メリット

  • 時計の秒針すらも遮断する8,990円とは思えない優秀なノイズキャンセリング機能
  • 満足のいく音質と通話の手軽さで、使用がとにかく快適
  • 何より安くて長時間利用でも疲れない

悩まれている方は比較の参考にされてください!

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました